音日記

一を一倍しても一が出るやうな現在の中に慎ましく音楽を聴いて生きてゐるのだ

本に出会う

以前にザ・ノンフィクションとうい番組で、ニートな生活をしているpha氏

の生き方や考え方にビシビシ共感できて、その方やら

小林銅蟲氏のブログを拝見してるんですが、なぜか過去の記事をどんどん読み進んでしまってはまっております(´Д` )

その中で、Pha氏が昔オススメしてた本に即反応してアマゾンで購入してしまったのが

「被差別の食卓」上原善広著です。

 

被差別の食卓 (新潮新書)

被差別の食卓 (新潮新書)

 

 もともと、アメリカ南部のブルース文化とか、ディープサウス文化みたいなのを

ふわっと読み漁ってたことがあって、こんなんとか

「アメリカ深南部」青山南、橋本功司著

アメリカ深南部

アメリカ深南部

 

 さらに、ネイティブアメリカンの童話とか、

「とうもろこしおばあさん」秋野和子、秋野亥左牟

 おばあさんが、髪の毛を引きずられてそこからとうもろこしがえっさほいさの話です。

 

ヨーロッパのロマ文化とかに興味があった時代はこんなんも

立ったまま埋めてくれ―ジプシーの旅と暮らし

立ったまま埋めてくれ―ジプシーの旅と暮らし

 

 イザベルフォンセーカ著の「立ったまま埋めてくれ」っていう本も

すごく繊細な文章だった記憶があるな~。もう深い内容は忘れちゃったけど。

ロマ(ジプシー)文化を知る事ができます。っていうかBURY ME STANDINGっていう

英題がカッコエエです。なんか、ロマは虐げられて這い蹲って生きて来たんやから

せめて死んで埋められる時は、立ったままにしてくれろ。みたいな意味じゃなかったっけ。なんか好きです。

 

まだ、届いて無いけど、今回買った「被差別の食卓」では、フライドチキンは黒人の食卓文化から生まれた~とかそんな差別を受けた民族や部落とその食卓にスポットが当てられてるっぽいので今からワクワク。

なんか、昔から泥水をすするような苦しい生活を送ってきた民族などに興味があって、

そこから生まれる文化を知るのが物凄く好きです。

黒人音楽だったブルースも、元は綿花を摘みながらとか、炭坑労働とか、孤独や苦しい労働や生活から逃れるためのものだったそうだし。でも、その辛さを真っ向から受け止めるんじゃなくて、自分の境遇と苦痛の間の絶妙な距離感がブルースや労働歌にはあって、なんかすごいな~と思ったりします。生き抜くための歌というか。

自分の愛する人が死んだ歌なのに、なんかすごい迫力が。

Son House "Death Letter Blues"


Son House "Death Letter Blues"

I got a letter this mornin, how do you reckon it read?
It said, "Hurry, hurry, yeah, your love is dead"
I got a letter this mornin, I say how do you reckon it read?
You know, it said, "Hurry, hurry, how come the gal you love is dead?"

So, I grabbed up my suitcase, and took off down the road
When I got there she was layin' on a coolin' board
I grabbed up my suitcase, and I said and I took off down the road
I said, but when I got there she was already layin on a coolin' board

Well, I walked up right close, looked down in her face
Said, the good ol' gal got to lay here 'til the Judgment Day
I walked up right close, and I said I looked down in her face
I said the good ol' gal, she got to lay here 'til the Judgment Day

Son House - Death Letter Blues 

 

もし、こんな境遇の歌が日本とかイギリスで作られてたら

妙な湿っぽさが悲しみとして歌にこめられたりするけど、

このかっさかさに乾いた悲しみと、あと、ぐわ~と湧き出てくる力強さも感じられるのがああ~アメリカ南部ブルース~って感じがします。

 

Blind Willie Johnson - Dark was the night


BLIND WILLIE JOHNSON - Dark was the night (1927)

 

今っぽい曲もいいけど、昔の曲もいいもんだな~。

今日知った曲

Dirty Projectors - "Swing Lo Magellan"


Dirty Projectors - "Swing Lo Magellan" (Official Music Video)

 

Dirty Projectorsって名前は知ってたけど、こんなルーリードな感じの音がネットラジオから

流れて来るとは思わなかったな~。ネットラジオ有難し。

なんか。この音に乗ってるようで乗ってない声のリズムがすごくルー氏っぽいな~とか思います。セクシーさはそんなに無いけど、安心する曲です。

ちょっと寂しい、静かな夕暮れ時の音。

 

ネットの情報の波に飛び込んで調べてみたら、2002年くらいから活動してるらしく、

ヴァインパイアウィークエンドのメンバーが参加してたりとか、アルバムごとに

曲の雰囲気が全然違ったりとかそんな感じらしいです…ん?

 

とにかく、この曲が気に入ったので、他のも聴いてみよう~っと。

 

 

Dirty Projectors - Little Bubble


Dirty Projectors - Little Bubble (Official Video)

 

っていうか、あれ?なんかこんな、控えめしゃれおつな人のボタニカル系の良い匂いのする車の中でかかってるみたいな、しゃれおつ寄りの曲なんですかね

ベースは。

 

ほほぅ。

 

Dirty Projectors - Stillness Is The Move


Dirty Projectors - Stillness Is The Move (2009)

 

これとかなかなか好きです。ってか、ほんと作る曲作る全然違うなー。

色んな人間が出たり入ったりしているっぽいので曲が変わるのかな。

まぁ、詳しい事は詳しい人に任せて、

 

こんな感じで、前から知っている曲について書いたり、わりと最近知りましたみたいな

曲について垂れ流したりする日記です。

 

アゲアゲきゃりおき

今日は散らかします。

 

久々にカラオケに行って5時間くらい(´Д` )

ほぼ洋楽(´Д` )

ちゃんと歌えるのも歌えないのもダラダラと5時間(´Д` )

今回はライブダムってのにしたんですが、ジョイサウンドとかにはない洋楽があってテンション上がりました(´Д` )

 

んでカラオケに入ってる曲で、あったら必ず歌うのが、

KoЯn

Twisted Transistor


Korn - Twisted Transistor

歌詞の速さとかがちょうど良いし、Music Do!のデス声が楽しい一曲であります。

てか、私が前に観てたPVと違うんだけど、こっちになったのかな??

 

Hadoken!

Liquid Lives


HADOUKEN liquid lives

これは、早いし、歌詞がかなり詰まってる感なので、ほとんど歌えてない曲なんですが、

I wanna drink drink drink~~~のとこがめちゃんこ楽しいです

ホストのコールみたいな、飲~んで飲んで飲んで、的な

アホらしさがクセになります。テンションアゲアゲの曲が欲しければ間違いなし。

 

そして、歌詞をよく読んでみると、酒におぼれる若者の

どうしようもない日常だったり、酒によって取り返しの付かないことを

しちまった奴の話だったり、車で人をひき殺しちゃったとか、やるせねぇ内容っぽいです。

歌のテンションの高さとは裏腹にちょっとぞっとするような感じ。

あと、酔っ払ってレイプされちゃってぇの、酔っ払いすぎてて良く覚えてない~な女の話とか。ぞわ。

 

あと、Immigrant SongのカレンOver.もアゲアゲでした。

かな~り前に「ドラゴンタトゥーの女」っていう映画でこの曲を知り、ただいま何故か盛り上がり中です。

Nine Inchi Nailsのトレントレズナーがこの映画の音楽を手がけてたりするんだそうな。

彼多才なんですな。

PVもかっこ良しです。


Immigrant Song - Karen O with Trent Reznor and Atticus Ross

 

カレン・Oの声物凄く好き。生々しい雌感がありますな。せくしー


Yeah Yeah Yeahs Phenomena (Official Video)

 

これはレディングフェスの時。Gold LionからのPhenomena。癖ェ!

あー、かっこええわいな。綺麗とかブスとか雌とか女子とかそういうんじゃねーんですわって言う女好き。

 


Yeah Yeah Yeahs - Reading Festival Part 3

 

てか、Yeah Yeah Yeahsの曲ってカラオケにほとんど入ってないのね

ぜひ、うぎゃーって言いながらもだえ歌いたいので、なんとかお願いしたいもんです。

 

はー楽しんだ。

缶を蹴りたくなる曲

夕暮れ時に聞くとハマる気がする曲

 

The Pogues

Dirty Old Town

 

 ボーカルのシェーン氏のガッタガタな歯とか、

ちぇっ(´Д` )シケた世の中だぜぇー(´Д` )

って感じがなんかぐっときます。

 

これを聴いていると、ズボンのポッケに手突っ込んで、道端に落ちた缶を、ツーン!って蹴りたくなります。

 

おセンチになりたい時の曲。

ネットラジオあるある

ECLECTIC24聴き始めて、直前のプレイリストを聴きたかったなあるある

それでも、色々流してくれるのはありがたいんですけどね

でも、、

ちょっと前から聴きたかったぁー

 

そういえば、このブログの趣旨は、

別に最新のアーティストを知りたいわけではそんなになくて、

好みの曲を年代とか関係なく垂れ流したらどうなるのかしらん

 

と言うのも、音楽どはまり全盛期のころの自分よりも、今の方が適度に適当に

気ままに気楽にできるかなと思いまして。

 

ネットに貼り付いてありとあらゆるナウでヤングな音楽情報を目を血走らせて

探していたころよりは、今良い感じの距離感で音楽と付き合えている感じです。

 

そんな感じです。

 

てな事を書いている内に、ぬぬ、という感じの曲が流れてきた。

こういうウキウキな曲わりと好きです。

 


Dan Auerbach - Cherrybomb [Official Audio]

 

って思ったら、The Black Keysのお人じゃないですか

しかも、ソロか~と思って、ロクにチェックしなかったアルバムですがな

ダンさんの苗字こんなんだったんだ。

 

いや~無知は恥だわ~

 

 

こんな蒸し蒸しした暑苦しい夏はやっぱ、ハードに行きたいので、

 

 

 

とてもいいアフロだ(´Д` )

 

綺麗なアフロに下手な奴はおらんと思う(´Д` )

 

これを聴きながらクソ暑い部屋でカレーを食おう(´Д` )

 

そんな気分にさせますね(´Д` )

隙間に

まだ良く使い方分からんくて、ブログ2個作っちゃった(´Д` )

 

日々好きな音楽の事とか書こうかな(´Д` )

 

今日主に聴いてたのは、

 

hard-fi

cash machine

 

 日が暮れて、こんな蒸し蒸しした日にトボトボと駅からの帰り道を歩くにはうってつけでした(´Д` )

懐かしさもあり(´Д` )

 

そして、突然思い出した昔はまった曲(´Д` )

 

 everything everything

schoolin'

ふふっ ふっ ふふー(´Д` )

 

てのが好きでね(´Д` )よく聴いてたんですよ(´Д` )

 

ふふっ ふっ ふふー(´Д` )

 

そんな感じ(´Д` )